自分がワキガか確認する方法

ワキガかもしれないと思ったら、2つのポイントをチェックするだけでわかる

「私ってワキガなの?」

 

こんな疑問をもってしまったらなら、自己セルフチャックをしてみましょう。

 

 

ワキガかどうか調べるには、この2点に注目してください。

 

 

  • 親がワキガ(体質)である。
  • 耳垢に粘り気がある。

 

 

ワキガ体質とは、当サイトでは、ワキガ臭はしないがワキガの原因であるアポクリン汗腺の数が多い、多量に出やすい体質と指しています。ワキガの臭いはしないけど、隠れワキガ体質という事ですね。

 

耳垢に粘り気があるという意味は、耳垢が茶色い。飴耳などという言葉で表現されています。

 

この2点だけでワキガってなぜわかる?

 

2つのポイントだけでワキガだと言い切れるわけではありませんが、ワキガの可能性は高いです。

 

なぜならば、

 

親からの遺伝の場合、おおよそ70〜90%の確率で遺伝します。
遺伝の仕組み上、そうなっているので防ぎようがありません。

 

耳垢に粘り気がある。茶色いといった特徴がある人がワキガの可能性が高いのは、ワキガの原因の一つされるアポクリン汗腺の汗が耳垢と混ざり合い、耳垢の粘り気、茶色っぽい色を出していると考えられています。

 

本来、耳の中には汗腺が存在しません。と言いますか、

 

ワキガの原因であるアポクリン汗腺しか耳の中には存在しない構造になっています。

 

そのため、耳垢に粘り気がある場合はアポクリン汗腺の汗によるものと予想されるからです。

 

 

 

自己チェックでもワキガの特徴は見られなかったけど、脇が臭い場合は?

自己臭症という言葉をご存知ですか?

 

自己臭症は、精神的な悩みからくる一種のノイローゼ、うつと言った症状です。

 

例えば、イジメられた経験から「私は臭い。」と頭の中で何度もグルグル同じ言葉を思い出していると、
いつのまにか、本当にそう思い込んでしまいます。

 

病院へ行き調べてもらっても、「あなたはワキガではありませんよ。」と診断されても、まだ納得できない。信用できない。といった気持ちになるのは自己臭症を疑いましょう。

 

精神的な問題の事が多く、皮膚科、美容整形などの分野で見てもらうのではなく、精神科、心療内科を受診した方が良いでしょう。

 

 

汗の匂いをワキガと勘違いしている?

 

 

汗の匂いとワキガの臭いを勘違いしている可能性も考えられます。

 

歳を重ねるごとに加齢臭、ミドル脂臭、頭の臭いが強くなる傾向にあります。

 

ワキガの臭いとは違い、本人が気が付かない臭いでもありワキガ臭と勘違いしている場合もあります。

 

勘違いかどうか調べるために一度、脇のニオイを嗅いでみるのもいいでしょう。

 

 

 

脇のニオイを自分で簡単に嗅ぎ分ける方法

 

汗をかいた後にサランラップや布を脇に挟み、ビニール袋に入れておいてください。

 

そのあと、お風呂に入ってから嗅いでみると、ワキガの臭いと認識しやすいと思います。