ワキガの原因には、2つの理由があります。

ワキガ臭が発生する仕組みを知ろう

ワキガの発生する原因は、

 

  • アポクリン汗腺の汗によるもの。
  •  

  • 汗を分解する常在菌がいる事。

 

この2点です。

 

 

アポクリン汗腺とは?

 

アポクリン汗腺とは、皮膚から汗をだす管の一種です。

 

人間には、エクリル汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺の3つの汗腺から汗が出ます。

 

ですが、ワキガの人に多い特徴がアポクリン汗腺の数多い、または多量に出るといった特徴があります。

 

わきがではない人は、アポクリン汗腺の数が少ない、またはない人を指していて日本人は比較的、アポクリン汗腺の発達が少ない人種で、ワキガ人口が少ないと言われています。

 

 

欧州や欧米では、アポクリン汗腺が発達している人が多いのでワキガ人口が多く、ワキガの臭いでイジメられたり、冷たい目で見られるような事は少ないです。

 

日本人や、アジア人種はアポクリン汗腺が発達している人が少ない人種で、韓国や中国人系はほぼ0に等しいくらいの割合だと言われています。

 

 

常在菌とは?

 

常在菌とは皮膚に存在する細菌を指しています。

 

詳しくはこちら 常在菌とは (Wikipedia参照)

 

 

ワキガの原因である常在菌は、「コリネバクテリウム属のジフテロイド菌」という名称で、ワキガ体質=アポクリン汗腺がある人の皮膚に存在しています。

 

ワキガ体質の人にしか存在しない理由の一つに、コリネバクテリウム属の菌に必要な栄養素、アポクリン汗腺の汗があるからだと言われています。

 

ちなみにエクリル汗腺の汗を分解する常在菌は黄色ブドウ球菌であり、汗臭いと言われる匂いを発生させます。

 

 

 

ワキガ臭ができるまでの流れとワキガ対策方法を解説

 

ワキガ臭が発生する流れは、

 

アポクリン汗腺の汗がでる。→皮膚の常在菌「コリネバクテリウム属のジフテロイド菌」がアポクリン汗腺の汗を分解→ワキガ臭発生

 

という流れです。

 

 

そのため、わきがを抑えるためには

 

アポクリン汗腺の汗を抑える。

 

皮膚の常在菌を死滅、殺菌する。

 

この2つの殺菌、制汗がワキガを抑える重要ポイントです。

 

殺菌・制汗をまとめてできるのがワキガケア商品であり、殺菌・除菌に有効な成分が配合されているワキガケア商品を使う事がワキガを抑えるポイントとなります。

 

 

私がおすすめしているワキガケアクリームも参考にしてもらえるとうれしいです。