ワキガ予防の為の洗濯方法を教えます。

ワキガの黄ばみは、なぜ起こる?

ワキガの黄ばみで悩んでいる人は多いはずです。

 

脇が黄ばむ=ワキガと思われると考えると、とてもじゃないけど街中を歩く事はできませんよね。
特に夏場は薄着を好む女性では、衣服が黄ばむのは、御幣を恐れず言うと、死(ワキガ確定)を意味する場合だってあるのです。

 

ワキガケアをしていてもワキガが黄ばむは、なぜ?

 

ワキガだけではありませんが、衣服が黄ばみやすいのはアポクリン汗腺の汗の成分によるものが大きいです。

 

アポクリン汗腺の汗はたんぱく質や、ミネラル、脂肪酸や糖質などが成分が多く含まれており、酸化が進むと黄色く変色していきます。

 

アポクリン汗腺の汗が多い場合や、汗の成分が多く含まれている場合は、更に黒く変色し、外国人の中にはこげ茶色に変色したケースもあります。

 

また、ワキガケア商品によっても変色する恐れがあります。

 

個人差が大きく、どのデオドラントを使うと黄ばみが発生しやすいかという明確な答えはありませんが、
皮膚の状態や、その時のコンディションによってデオドラントと反応し黄ばみが発生しやすいケースもあります。

 

ワキガでもない、汗もかかないのに、洗濯物に洗剤が残るすすぎ洗い不足が原因で黄ばみが発生しやすいといった声も主婦の中にはあります。

 

特に白のスニーカーは綺麗に洗ったのに黄色く変色している悩みが多く、そのほとんどがすすぎ洗いが不足している為ですね。靴の型崩れを嫌って脱水しない人が多い為、脱水不足も考えられますけどね。

 

 

話を戻すと、デオドラントを使うというのは、洗濯で言えば、洗剤と一緒なのです。

 

そのため、デオドラントが肌に合わない、付けすぎて放置しているなどを考えると、デオドラントが衣服の黄ばみを促進している可能性も考えられると思います。

 

 

ワキガの黄ばみを除去する洗濯方法は準備が大切。

ワキガの黄ばみを消すためには普通に洗濯しても落ちません。

 

なぜなら、衣類の黄ばみというのは衣服に色素沈着した汚れだからです。

 

そのため、一度.、色素沈着した汚れを衣類の繊維の中から浮かせてあげないと取り除く事が難しいです。

 

色素沈着した汚れを取り除くには、漬け置き→洗濯がベスト!

 

色素沈着した汚れは漬け置き洗いがベストです。

 

その理由はこびりついた汚れを取り除くには、汚れを分解する為に時間がかかるからで、洗剤の分解力をじっくり待つ時間が必要だからです。

 

揉み洗いや、2回連続洗濯したとしても漬け置きする方が効果が高いです。

 

 

黄ばみをつけない考えも必要。

衣服に黄ばみをつけない方法と言うのは、

 

衣類を保護する。
黄ばみの原因である汗を抑える。

 

この2点しかほうほうがありません。

 

衣類を保護するというのは、汗脇パッドなど脇汗をガードする商品を使う事です。
この方法をすると衣類の黄ばみはなくなるでしょう。

 

しかし、薄着やTシャツだけでは汗脇パッドを使うのは難しいので、限定的2しか使えないと言わざる負えません。
黄ばみの原因であるアポクリン汗腺の汗を抑える方法も有効です。

 

と言いますか、薄着の場合、脇汗を抑えるしか方法はないのではないでしょうか。

 

また、衣服の黄ばみで悩む時期も薄着がメインの夏場の季節だと思います。

 

ですので、脇汗を抑える方法を取り入れるべきなのですが、脇汗を完ぺきに抑える手段は現段階ではありません。

 

しかし、衣服をガードするスプレーなどワキガ対策にもアプローチできる商品はあります。

 

詳しくはこちらの記事から

 

 

脇の黒ずみがあると服は黄ばみやすい?

 

 

脇の黒ずみがある人は衣服への黄ばみも発生しやすいです。

 

なぜならば、脇の黒ずみと言うのは色素沈着ですから、脇の皮膚の黒ずみと衣類の黄ばみは色素沈着という原理は同じだからです。

 

そのため、脇の黒ずみ色素沈着がある場合は、衣類の方へ色移りしやすい為、脇の黒ずみがある人は、衣類の黄ばみも発生しやすいと言えます。